「花見を見る会」はONLINE

新型コロナウイルスが蔓延する昨今、3月31日には橋爪塾長より政府よりも早い緊急事態宣言が発せられた。
4月5日の志塾は中止、自粛ではなく休塾、台風以外では初の休塾である。
えらいこっちゃの日本列島だけではなく世界的に見ても第二次世界大戦後のような大パニックのパンデミックが始まっている。
当然毎年恒例の志塾「桜を見る会」は中止でONLINEの花見を募ってみた。
4月5日は伏見はまだ桜が満開から散り始めていい雰囲気の昼休憩になる予定だったのになあ~、と悔やまれるがしょ~がない。
各自で人混みの少ない花の写真をLINEで送ってもらって、それを肴に各自一杯酌み交わす会とした。

兵庫県川西市より

兵庫県川西市のマイティ・ポコポコ先生より3月31日にどこかは不明ですが送られてきました。

どこかは不明ですが

京都市在住、青森県出身のクドーチャンより3月31日届きました。

4月4日和歌山県紀の川市

和歌山県のやや田舎紀の川市の山の方に満開の桜を見に行った。

ここの貴志川町運動公園では満開の桜並木をバックに野球が行われていた。

こっちのグラウンドでは満開の桜を間近で眺められない、入れないのである。

しかし眺めは非常にいいのであった、満足の午後。

続いて更に山の方に向かって今が一番いい「アメヤマ」というところに行ってみた。

狭い道路の脇にいろいろな桜が満開である。

車を停めるスペースがあまりないので、停めて撮影するのに危ないけどきれいな桜を満喫した。

 

帰り道迷い込んだ民家の道すじにあった見事な桜に遭遇。

散り始めた小学校の満開の桜も入学式までは持ってくれるだろう。
和歌山県は4月8日入学式の予定である。

4月5日和歌山市内

4月5日の和歌山市内は風が冷たく、風もやや強い、桜も満開を迎えて散ってしまうのだろう。

午前中、お寺の桜はいつもは遅いのだが満開、散り始めていた。

ここの公園も枝が少なくなっているがソメイヨシノの木だったんだ、少し枝ぶりが寂しが満開だった。

歩いてく道路の桜も満開の和歌山市内。
新型コロナウイルスは満開にならないといいが。

和歌川河川敷の桜も満開、なぜか桜の提灯はすでにない。

ここはもうすでに散っていた。

枝垂れ桜はこれから満開を迎える。

天気はええけどほんま風が冷たい日曜日。

若いソメイヨシノの木はそれなりに若者って感じがしてええ感じ。

ちょっとソメイヨシノじゃない白っぽい桜も満開。

和歌山市和歌川河川敷のソメイヨシノ満開。

ここで座って花見したいw.

ちょっと寒いけどな。

一昨年の台風でダメージ受けたここのソメイヨシノも今年は元気や。

同じく河川敷の枝垂れ桜、ええ感じでほぼ満開。

和歌山市内小雑賀の公園も満開。

ホンマにコロナウイルスがなければ最高のさくら日和。

滋賀県より

4月5日滋賀県ドライブウエイはまだまだだそうで、宝ヶ池ではこんな桜の写真も投稿されました。

今年の桜を見る会は終了したいと思います。

というわけで騒動が収まるまで辛抱するしかない昨今の騒動ではありますが、どうか皆さん感染しないようにお祈りする毎日であります。
いずれ騒動が安定すれば志塾授業も再開、それまではつぶコーンLINEやこちらでお送りする通信教育でお楽しみください。
ONLINEの桜写真投稿が少なかったのですが、そんなことより感染に注意しましょう、志塾から感染は絶対ダメなのよ。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 2020年の中間テスト

  2. マスク着用志塾、新型コロナウイルス対策

  3. 伝説の男は卒業認定書を持ち帰ったが

  4. 人多すぎ暑い!

  5. 白ちゃん復帰・雪がチラつく伏見

  6. 焼肉丼とカパンジー腰椎後半&MET